WiMAXの通信速度を4倍早める方法

WiMAXというと高速データ通信ができる無線通信サービスです。
2年前からは速度が倍になる「WiMAX2+」もプラン設定できるようになりました。
最高ダウンロード高速220Mbpsを記録しています。
WiMAXの良いところは高速データ通信を家だけでなく外出したところでも使えるという便利さです。
モバイルルーターがあれば、どこでもいつでも高速のインターネットが使えるというわけです。

さて、そんなWiMAXの速度を4倍にする方法があります。
実はルーターを金属製のボウルに入れるというもの。
ポールがないときにはザルにホイルを巻いてもできるので、今あるものでも簡単にできそうです。
実際にやった人からの報告がたくさん寄せられています。

ボウルを立てるようにするため、百均などのコップ立てなどを上手に利用するといいでしょう。
ボールを立てて固定しておき、そこの中にルーターを入れておけばいいのです。
普通にルーターを置いた場合は6.70Mbps / 1.31Mbpsですが、ボウルに入れた状態のルーターでやった場合は12.56Mbps / 2.69Mbpsと大きく差が出たのです。

つまりここで、もう悠々2倍の速度が出たということになります。
ボウルを最適な場所に置くと、もっとスピードはアップします。
これには法則はないので、自分でいろいろな角度で試してみると、一番ベストな状態が分かるはずです。

どこでもボールを使うことはできませんが、家では手作りアンテナを作っておけば、気持ち良く速度アップでネットが使えるようになります。
部屋によってもベストなボールの傾き方が違ってきます。
ルーターを置く場所によって、電波に合わせたアンテナの立て方をセットするようにしましょう。



~注目サイト~
好みのルーター機器が選べる無線通信サービスwimaxです → → wimax 機器